日向内記氏の死因について。

  • 2011.12.25 Sunday
  • 17:19
さて、続きはちょっとだけショッキングな記事だったりするので、心の準備のない方はお読みにならないでくださいね。
日向内記氏の死因についてのことです。

先日、気になる文章を見つけました。
「歴史春秋」という歴史春秋社の雑誌に掲載された記事の一文です。
もしかしたらお読みになった方もいらっしゃるかもしれませんが、その第七三号に井上昌威氏の文で「白虎士中二番隊中隊頭 日向内記次法」という記事が掲載されました。
これまで取り上げられてこなかった事実も盛り込まれ、日向内記のことを今一度見直す必要があるのではないかと書かれたその記事に、とても励まされ、心強く感じました。

そのことは大きな喜びだったのですが、内記氏の死因について、自殺だったと書かれていたことが、大きな衝撃でした。

自殺。

ほんの少しでもその可能性を考えなかったのかと問われれば、そんなことはないと答えます。
実際、もしかしたら・・・とそう考えたこともあります。
でもそうは思いたくないと言う気持ちがなかったともいえない。
死因について積極的に調べはしなかったし、書かれていた資料もなかったから、一番わかりやすく可能性の高い病死だと勝手に理解していました。

この事実がまだ真実だと決まったわけではないのですが、幾らなんでも何の根拠もなく、このようなことを書かれるわけはないと思います。
この記事では、早川喜代次氏(史実会津白虎隊の著者)が「自殺だった」と語られたのだと書かれていますので、多分これがこの説の根拠なんだと思います。
早川氏がそう語るにはそれなりの理由や根拠、伝承などがあったろうと思うのですが・・・それについては全く不明です。
もしかしたら他にそれを示す資料があるのかもしれませんが、確認できていません。

現状としては、日向内記氏の死因について「自殺」との説がある、と不確かな情報としてここに書き残しておきます。
後日、その根拠なり資料なりを突き止めることができた暁には、私自身が理解し、納得してから改めてブログでご報告したいです。
少し、お時間をください。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM