山本八重子さんが!

  • 2011.06.22 Wednesday
  • 22:12
大河に山本八重子さんがくるそうですね。
再来年でしたか、「八重の桜」
八重子さんを演じるのは綾瀬はるかさんだとか。
あまり印象がないんですが、どんな感じの芝居をされる方なんでしょうね・・・。

このブログのタイトルに、彼女の詠んだと言われる句を拝借させていただくくらいは、八重子さんが好きです。
彼女の強さに憬れています。
なので、現大河のようなメルヘン・ファンタジー調にはして欲しくない。
そりゃ確かにドラマとして仕立てる以上は、空白を埋めるために、或いはドラマチックに仕上げるために、フィクションを埋め込まなくてはいけないと言うのはわかります。
けれどそれが史実をありえない方向に捻じ曲げるものであるなら、そんなものは実在の人物を借りてまで作る必要はないと思います。
どうしてもそういう話にしたいなら、架空の人物をでっちあげてIFものにするか、フィクションの時代劇を作ればいいんです。
時代小説に幾らでも秀逸な作品があるじゃないですか!
そういう原作もののNHKの時代劇は、目を瞠る出来のものが多いじゃないですか!

大河で流れる歴史を、本当の史実と捉える人があまりにも多いから、余計にそう思うのかもしれません。
現大河に限らず、これまでも「あれ本当?」とドラマの中の出来事を尋ねられたことが何度もあるんですよね。
そのたびに、わかる範囲で細かく説明するんですけども、違うとまでは行かないものの、大げさに、或いは中心人物だけの手柄のように、或いは相手があまりにも悪人に描かれていたり、重要な人物や出来事が、なかったかのように描かれたりすることもあります。
まぁ大河といえども娯楽ドラマだから、尺に収めるためだったり、登場人物の関係だったり、焦点の当て方だったりで、仕方がないんでしょうけれど。

だからそこまで厳密には突っ込みたくないですが、せめて八重子さんを貶めないように作って欲しいと切実に思っています。
歴史上のスケープゴートを、これ以上出して欲しくないです。(これが一番の本音かも・・・
昔の大河はもっと違ってた気がするんだけどなぁ・・・思いこみかなぁ;;
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM