殿の桜。

  • 2010.03.03 Wednesday
  • 21:44

会津関連の話題で見かけた、桜のお話。
京都府庁旧本館の敷地にある、樹齢80年程度と思われる桜の木が「容保桜」と名付けられたとか。

この桜の木、品種はヤマザクラのようなのに、なぜかオオシマザクラの特徴である表皮がはがれたような木肌をしている珍しい桜だったらしい。
ここの桜の管理を任されている、桜守の佐野藤右衛門さんが発見。
その桜がある場所が、かつて京都守護職の上屋敷だったことから「容保桜」と命名されたとのこと。
もちろん松平家の後裔の方も了承済みとか…。

詳しい記事はこちらで!

この話題をネットで見た時、何だかじんわりと嬉しくなったりしました。
京都に行く機会があったら、ぜひこの「容保桜」を見上げて見たいものですねぇv

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM