ユズリハ。

  • 2009.11.14 Saturday
  • 23:58
長く11月14日は日向内記氏の命日だと信じていました。
けれど、実は違うと教えていただき、本当の命日を知りました。

じゃあ本日11月14日っていう日は何だったのだろうかというと…。
日向内記氏の御子息・日向眞寿見氏が日向家の家督を継いだ日なのでした。

このことや十九士の自刃をもって「白虎隊全滅」と記したのを目にした時、所謂「歴史書」と言われ世に流通しているものであっても、その記述が全て正しいとは言えないということを身に沁みて感じたものです…。
コメント
月城さま

そうですね。
活字などを疑わない習性がついていますが、
特に日時なんかは、複数の文献に当たらないとミスリー
ドしてしまうことがありますよね。複数に確認してさら
に疑問が増すこともままあり、頭の中が???になるこ
としばしです(笑)

ああ、そういえば小説ですが「五稜郭の兄弟」高橋義夫著、
新人物往来社(文庫)700円(込)が、久しぶりに再刊され
ました。この小説は御存じのごとく古屋佐久左衛門さんと
高松凌雲さんご兄弟の物語です。小説とはいえ良く書かれ
ています。お二人について描かれたものはそう多くないの
で貴重なものと思っています。
  • KOKO
  • 2009/11/25 1:30 PM
複数の文献を突き合わせる作業は、時に面倒になることもあるもの。
それを怠ったものを引用し、更に怠って引用することで、埋もれてしまったこともあるんでしょうね。
たしかに、当たった資料がどれも違うということもあり混乱することも確かにあって、そういう時は笑ってしまいますね〜(笑

御紹介ありがとうございます。
回復したら手に取ってみたいと思います。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM