家茂、芝居になる。

  • 2009.09.17 Thursday
  • 14:01
ずっと気になっていた芝居がありました。
歴史モノの芝居っていうだけで気になりますが、今回の芝居は4月の『暁の誓い』に引き続き、幕末ネタです。

籠の鳥 〜黄昏、・・・或いは暁の君 徳川十四代将軍 家茂〜
ずいぶん前にチラシをいただいた、井口誠司さんのひとり芝居。
モチーフが『徳川家茂』と知って、めちゃくちゃ興味をそそられました。

が、いかんせん、スケジュールが合わず…orz
あぁ、観に行くことは叶わないか。
そう諦めていました。

ところが、10月4日に観に行く予定だった別の芝居が、どうやら私の好みとは大きく外れているらしいとの情報を得ました。
迷いながらもチケットを手放そうかと思っていた矢先に、はらりと舞い落ちたチラシが1枚。
何気なく手にすると、件の気になっていた芝居のチラシでした。

あー、これ観たかったんだよね〜。

でも、予定が合わなかったんだよね〜。

もう公演終わっちゃってるよね〜。

そう思いながら上演日に目を走らせました。
そしておもわず、あっと声をあげました。
最終公演日は10月4日。
そう、今まさに観に行くのを止めようとしていた芝居の公演日と、同じ日時だったんです。

これは神の啓示かもしれない!
そんなわけで、急遽観に行くことを決めました。
だって『徳川家茂』だもの、気になるじゃないの!

会場は大川市の法泉寺というお寺。
遠いし、行ったことない場所だし、どきどきですが、頑張ってみようと思います。
お寺は好きだしね〜。(地元も寺だらけですから!

そんなわけで告知してみよう。

「籠の鳥 〜黄昏、・・・或いは暁の君 徳川十四代将軍 家茂〜」
作・演出:井口誠司/音楽:森洋一
日時:2009年10月4日(日)14:00頃より
会場:法泉寺(大川市大字小保23番地)

井口誠司ひとり芝居 「籠の鳥 〜黄昏、・・・或いは暁の君 徳川十四代将軍 家茂〜」
(どうでもいいような良くないような…ですが、右の徳川家の葵の紋は17葉のようですが、本来は13葉が正しいようですね)

ひとり芝居ですし、どんな芝居をされるのか楽しみですね。
どんな風に描かれるんだろうなぁ…。

当日のレポはたぶん芝居関連のブログ『いつみきとてか…』のほうに掲載すると思います。
コメント
お返事遅くなりました(^^ゞ
 
 
13枚が正解ですよね・・・
 
チラシも手作りだったため、細かいデティールがしっかりできていませんでしたね。ご指摘ありがとうございました。
 
 
上演作品は万全を期しますのでどうぞよろしくお楽しみください。
 
当日お会いできること、楽しみにいたしております。
  • 井口誠司
  • 2009/09/25 12:46 AM
わざわざのお越し、ありがとうございます。
13葉の件は、別に突っ込むほどのことではなかったんですけれど!
すみません、小姑のごとく;;

紋をイラレとかでトレースすると綺麗なチラシになっただろうなぁと、仕事ついでにトレースしてみたりしていました。
好きなものをトレースするのは、結構楽しかったです。

家茂はいろんな面を持った、好き御仁だったようですね。
当日、どんな家茂を観ることができるのか、今からとても楽しみです。
家茂所縁の菓子を片手に、ふらりと伺いたいと思います。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM