斗南藩士・郡長正 墓前祭

  • 2010.04.29 Thursday
  • 10:37
 5月1日は、萱野権兵衛の実子『郡長正』の命日です。
ご存知の方も多いかと思いますが、郡長正は福岡県の豊津というところにある小笠原藩(旧小倉藩)の藩校『育徳館』に留学し、後にその校内において切腹を行い自ら命を絶った少年です。
切腹の理由については、食事などについての愚痴を書いた手紙に対し、それを諌めた母の手紙を校内で落としたため、それをからかわれ責められて、会津の面目を保つために責任を取って切腹したといわれていました。
が、最近になり、それは創作であり、真実の理由はもっと別にあるという説が上がってきております。
それについてはまた後日書くとして、今回のお話はその『郡長正』の墓前祭のお話。

豊津では、5月1日に豊津郷土史会が中心となって、今でも欠かさず墓前供養が行われています。
今まではなかなか都合が合わずに行くことが叶いませんでしたが、今年こそは!と心に誓って先日より動き始めました。

まずは情報!
そう考えた私は、インターネットで検索をかけ、情報を集めて見ました。
しかし、5月1日に執り行われるということ以外、墓前祭についての情報は皆無。
場所すら詳しくはわからない。
まぁ場所については以前一度だけ墓参へ伺ったことがあるので何となるとしても、時間もわからなければ、一般人が行っていいものかどうかも不明です。

次の手段として、役所に問い合わせることにしました。
みやこ町のHPへ行き、問合せ先に書いてあるメールアドレスへお尋ねのメールを送信。
…が、1週間経っても返信なし。
あちこちたらい回しかな…;;

最後の手段として、直接電話で問い合わせることに。
まずは、みやこ町役場の豊津支所へ、そこで『博物館へ聞いてください』と言われ、今度は博物館へ電話。
そこで『豊津郷土史会』の方へ問い合わせてくださいと言われ、ご連絡先を伺いました。
怖いくらい順調!

そして『豊津郷土史会』のK氏へとお電話を差し上げることに…。
緊張しつつお電話をしましたら、快くお話を聞いていただき、墓前祭へ行けることになりました!

墓前供養は誰でも参加してかまわないこと。むしろたくさんの方に来ていただきたいとのこと。
いつもは10時から執り行われるが、今年は諸事情から9時より開始とのこと。
今年は会津市長の代理と言うことで、副市長がお越しになるとのこと。
郡長正と血縁の方がおみえになるとのこと。
しかも今年は、郡長正の140回忌にあたる、節目の年とのこと!

墓前祭のご準備でお忙しい中、快く応対していただきました。
この場を借りて、再度御礼を申し上げます。ありがとうございました!

というわけでして、5月1日は豊津にて『郡長正 墓前祭』ですよ!
お近くの皆様、ご参加されてみては如何ですか〜?

殿の桜。

  • 2010.03.03 Wednesday
  • 21:44

会津関連の話題で見かけた、桜のお話。
京都府庁旧本館の敷地にある、樹齢80年程度と思われる桜の木が「容保桜」と名付けられたとか。

この桜の木、品種はヤマザクラのようなのに、なぜかオオシマザクラの特徴である表皮がはがれたような木肌をしている珍しい桜だったらしい。
ここの桜の管理を任されている、桜守の佐野藤右衛門さんが発見。
その桜がある場所が、かつて京都守護職の上屋敷だったことから「容保桜」と命名されたとのこと。
もちろん松平家の後裔の方も了承済みとか…。

詳しい記事はこちらで!

この話題をネットで見た時、何だかじんわりと嬉しくなったりしました。
京都に行く機会があったら、ぜひこの「容保桜」を見上げて見たいものですねぇv

地元CMコンテスト?

  • 2010.02.17 Wednesday
  • 07:50
ネット上で『地元CMコンテスト』なるものが開催されていまして、会津若松のCMも出来ていましたよ。
見てたら、やっぱり会津に行きたくなっちゃった…。
最後に出てくるあかべぇも可愛いですv



地元CMコンテスト LOVE LOCAL

豊津の郡長正の墓への墓参。

  • 2008.02.11 Monday
  • 23:37
行ってきました、豊津!
郡長正の墓への墓参です!

詳しいレポはまた後日*雪月下*内でやるとして、とりあえず簡単なレポを。

豊津、思ったとおり遠かった・・・。
2時間半、しっかりかかりましたよ。
冷水越えして行ったので、初めてうぐいすロードとかいう有料道路を通りました。
軽なんで、片道150円。

豊津は以前は『豊津町』と言っていましたが、現在は合併し『京都郡みやこ町豊津』になっています。
『京都郡』と書いて『みやこぐん』、子どもの頃初めて聞いたときには福岡だとは思わなかったw

さて、墓参にあたり手に入れた情報は、豊津にある『甲塚墓地』に墓があるということと、毎年5月1日に墓前祭が行われているらしいという事くらい。
大した情報じゃない。
ネットで地図を見ても、甲塚墓地は見当たらず・・・。
とりあえず豊津に『西甲塚』『東甲塚』という地名を発見したので、その近くだろうとあたりをつける。
『西甲塚』『東甲塚』の近くに『豊津中学校』を見つけたので、それを目指して携帯のナビに登録。

家を出てから約2時間半後、やっと中学校前に到着。
さて、これからどうしたものか?
曇り空で肌寒いせいか人通りも無く、地元の人に聞こうにも人がいない。
・・・図書館か役場・・・も、そうか、祭日で休みだよねぇ;
無駄とは思いつつ一応役場周辺へ行ってみるが、思ったとおり図書館も休みで人気が無くひっそりとしている。
参ったねぇと思っていたら、役場前に『豊津見どころマップ』なる地図看板発見!!

役場前にあった、豊津のマップ看板

ちょうど『見』の字のちょっと下あたりに『郡長正墓』の文字を見つける。
やったー♪
この看板を目安にして、再度ナビとにらめっこ。
目印は『郡長正墓』の下に見える『立本寺』というお寺、そこを目指していけばきっと近くにあるはず。

ナビに指示されるまま、途中で花を買ったりしながら、狭い住宅街を抜けていく。
目的の『立本寺』は、先ほど来た中学校の側ですぐに見つかった。
が、肝心の『甲塚墓地』はわからない。
どこだー?と一度『立本寺』を通り過ぎ、引き返してきた所で、『郡長正墓』と書かれた青の看板を発見した。
『立本寺』からだと対向車線側にある上、ちょうど電柱の影になっていて見落としたようだ。

これで一安心!
『西甲塚団地入口』と書かれた小さな看板の方へ、狭い路地を入っていく。
するとすぐに墓地の正面へと出た。

ここか!
墓地の駐車場らしき空き地に車を止め、墓地へと向かった。
この墓地はとても綺麗に手入れされていて、草やゴミなども見当たらない。
そして目当ての『郡長正の墓』も、綺麗に整備されていた。
写真で見てはいたけれど、想像以上だ。

香華を供え、持参した『末廣』のミニチュアボトルの封を切ると、これも墓前に供えて手を合わせた。

豊津にある、郡長正の墓碑

墓碑正面には『斗南藩郡長正徳位』、向かって右側面には『明治四歳次辛末五月■日』(■は不明字)と刻まれています。
墓碑向かって左に建つのは戒名の刻まれた碑。
裏面を見ると『平成十二年五月一日郡長正百三十回忌法要』『会津 川島忠夫 建之』と刻まれていました。
(・・・この川島忠夫さんって、会津戦争秘話で『郡長正の自刃』を書いた方でしょうか?)

墓碑の後には郡長正について書かれた看板も立っています。
毎年墓前祭も行われているようですし、地元では大切にされているんですねぇ・・・。
ちょっと遠いですが、今年の5月1日の墓前祭には行ってみようかな?
仕事が入らないことを、とりあえず祈っておこうっと!

そんなわけで、無事に念願の墓参を果たすことが出来ました。

次は鬼官こと、佐川官兵衛様の足跡を辿って、旧長陽村へ行きたいです!
そういえば、西南戦争の史跡も盛りだくさんだよね、あの辺りは・・・。
気候が良くなってから、行きたいなぁ。
あ、あと行き損なっている萩もw

遠足前夜!?

  • 2008.02.10 Sunday
  • 23:33
眠れない!
遠足前夜の子どもの気分ですw
実は明日は、久々のまともな休み。
そういう訳で、長々懸案だった『郡長正』の墓参へ行くのです!

・・・誰?
とか言われそうですね;

えぇっと、『郡長正』は会津藩家老・萱野権兵衛の次男で、明治になってから小笠原藩の育徳館へ留学し、色々あって彼の地で自刃した人です。
享年十六歳。
一般に流布されている話と真実は違うとか何とか諸説アリマスが、故郷を遠く離れた地で弱冠十六歳の生涯を自ら閉じたのは事実なのでした。

で、その場所が、現在の福岡県京都郡みやこ町豊津というところです。
ずっと行ってみたいと思っていたんですが、何しろ遠い。
同じ福岡県ですが、うちから行くと車で2時間半くらいかかるんですよ、片道。
場所も『豊津の甲塚墓地らしい』と、はっきりとしたことは分からないのですが、車のオイルもかえたし、ガソリンも満タンにしたので、一か八か行ってみるか!というところ。
久々に、野生の勘だけが頼りだぜッ!w

そんなわけで、わくわくして眠れないのでした。
つーか、早く寝ましょうね!!w

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM